タイ人日本語ガイドP-Golfのアテンド日記

タイ・バンコクの屋台でミシュランのビブグルマンを獲得したお店「リムラオゴウ(林老五)」

ブログトップ画像

みなさん、サワディーカップ🙏สวัสดีครับ
ゴルフタイランドのタイ人日本語ガイドのP-GOLFです。

今日は、リーズナブルながらもクオリティが高くおすすめできる店舗に与えられるビブグルマンを2018年、2019年と2年連続獲得した屋台「リムラオゴウ(林老五)」に行って来ました〜。

バンコクの屋台でミシュランのビブグルマンを獲得したお店「リムラオゴウ(林老五)」

リムラオゴウ 看板
看板につけられたビブグルマンの証

バンコクの中華街(ヤワラート)の南側ソンサワット通り(Song Sawat RD)の路地に、夕方になるとオープンするタイラーメン屋台「リムラオゴウ(林老五)」。
このお店は、なんと屋台なのに2018年・2019年と連続でミシュランのビブグルマンを獲得している知る人ぞ知る有名店なんです。

リムラオゴウ 屋台客席
テーブルはいつも満席

人気店だけあって何時に行っても路地にあるテーブルはお客さんで満席です。
しかし、お客さんの入れ替わりが早いので10分ぐらい待てば席があくので座ってスタッフの人に注文しましょう。
もちろん屋台なのでメニューはありませんが、片言の英語が通じますし他の人が食べているのを指差して注文してくださいね。

お店の看板メニュー

リムラオゴウ ルクチンボール
魚肉のすり身100%のルクチン

リムラオゴウ ルクチン
魚肉のすり身100%のルクチンで周りが少し揚げられているもの

この店の看板メニューは、魚肉のすり身100%のルクチンで写真のようにまずはルクチンだけを注文したりもできますよ〜。
ここのルクチンは、道端で売っている他のルクチンと違って魚の味が濃くていくら食べても飽きない味なんです。
例えるなら、日本のかまぼこのような感じですね。
(※編集部注;ルクチン=魚のすり身、豚肉のすり身、鶏肉のすり身などをボール状に丸めたもの)

リムラオゴウ タイラーメン
出汁のきいたあっさりのクリアスープ

そしてメインはクイッティアオ(タイラーメン)で、あっさりのクリアスープにルクチンが入っているラーメンのが人気なんです。麺は3種類、センヤイ(太米麺)、センレック(中細米麺)、バミー(卵麺)から選べます。
スープはかなりあっさりですが、しっかり出汁がきいていてアロイマ〜クです!(※編集部注;アロイマ〜ク=とても美味しい)

リムラオゴウ 汁なし麺
オリジナルの味付けがされている汁なしラーメン

次に、注文したのはバミーヘン(卵麺の汁なしラーメン)でスープは無いのですがこのお店のオリジナルの味付けがされていてかなりアロイですよ〜。(※編集部注;アロイ=美味しい)
日本で、つけ麺の方が好きな人はこちらもいいかもしれませんんね。
1つ1つの量はそれほど多くないので、両方食べて味を比べてみるのもおすすめです!

リムラオゴウ 屋台
屋台はお持ち帰りの人もいていつも大忙し

もう一つのおすすすめ。屋台のすぐ横で焼いている「サテ」

リムラオゴウ サテ 屋台
炭火で美味しそうに焼かれているサテ

そして、ここのもうひとつのオススメが屋台のすぐ横でおばちゃんが炭火で焼いている「サテ」なんです。
「サテ」は、串に刺した鶏肉を香辛料などでスパイシーな味つけで焼いて、甘いピーナッツソースにつけて食べる東南アジアの国々で食べられている庶民的串焼き料理なんです。

サテ
1本はそれほど大きくないので食べやすい

焼いているおばちゃんに欲しい本数を言うと、リムラオゴウのテーブルまで焼きたてを持ってきてくれます。
もともと下味がつけてあるのでそのままでも美味しく食べれます。

サテ ピーナッツソース
一度食べるとクセになるピーナッツソース

でも、少し甘いこのピーナッツソースを付けて食べるとさらにアロイなんです〜。
これはかなりクセになる美味しさです。
こちらもひとつ一つは大きくないので、10本ぐらいはペロッと食べれてしまいますよ。
付け合わせの野菜の甘酢漬けも、いい感じに浸かっていて少し濃いピーナッツソースが口の中に残っていてもこれを食べるとさっぱりするので箸休めにぴったりです。

1つのお店で、2つ美味しいものを食べれるなんていい感じですね。
よく周りみてみると、サテを食べている人も結構いてお持ち帰りする人もたくさん見かけました。
このお店ももしかしたら結構有名店なのかもしれませんね。
お値段はかなりローカル価格なので、皆さんもぜひ一度食べに行ってみてくださいね〜。

【データ】
名称:リムラオゴウ(林老五)
TEL:081-640-4750
時間:19:00~23:00
定休:-
URL:https://www.limlaongow.com/index.html?lang=en
地図:Googleマップで確認

KEYWORD

記事に掲載された店舗や観光スポット、サービスなどの情報・写真は取材当時のものです。移転や閉鎖、サービス終了や変更などもありますので、ご注意ください。

お問合せ電話番号
TELをタップしてお問い合わせ!
0120-562-193
このページの先頭へ